ヘルニアの治療は信頼できる病院で|注目を集めるブロック療法

病院

定期的に検診を

医者

検診のときに気をつける事

乳がん検診は、女性ならば定期的に受けに行きたいものです。ですが、初めての方は、検診の時にどのようなことに気をつければよいのか、とても不安ですよね。服装や下着のことが、一番気になるところではないでしょうか。医療機関の多くは、乳がん検診の時に、上半身裸になります。中には、検診専用の着替えを置いてあるところもあります。どちらにしろ、着脱しやすい服装で行ったほうが良いでしょう。下着も、もちろん着けていって大丈夫です。検査の直前に、服と一緒に外します。検査方法は、医療機関によって異なりますが、マンモグラフィー、触診、超音波検査が一般的です。特にマンモグラフィーは、胸を二センチくらいの厚みに潰すため、生理前後の胸が張りやすい時期は、できるだけ避けるようにしてください。

痛みのない乳腺エコー

乳がん検診というと、マンモグラフィーが知名度が高いですね。この検査方法は、胸を潰して痛みがあるなど、マイナスイメージがあるため、なかなか検査に踏み出せない方もいるのではないでしょうか。そこで、超音波による乳腺エコーという検査方法があります。これは胸に超音波を当てて、はね返ってきた反射波を画像化した検査になります。マンモグラフィーのように痛みもなく、被爆もしないので、妊娠中でも受けられる検査となっています。ですが、しこりになる前の石灰化も見つけられるマンモグラフィーに対し、こちらは石灰化の形状が分かりにくいというデメリットがあります。年齢の若い方なら、乳腺エコーだけでも良いですが、やはりマンモグラフィーと併用するのが、検査結果は正確でしょう。それでも、乳がん検診が怖いという方には、まずは乳腺エコーをおすすめします。

Copyright© 2016 ヘルニアの治療は信頼できる病院で|注目を集めるブロック療法 All Rights Reserved.