ヘルニアの治療は信頼できる病院で|注目を集めるブロック療法

病院

第4のガンの治療法

女性

免疫療法でガン治療する

免疫療法は、人間に備わっている免疫機能を使った治療法です。何らかの原因で上手く働いていなかったり、働きが弱い免疫機能を活性化させ、病気の治療をします。その免疫療法によるガン治療が、NK細胞療法です。新しい治療法ですので、いくつか注意点があります。NK細胞療法では、患者本人から取り出したNK細胞を活性化させて増殖した後、また患者の体に戻します。治療サイクルは、3ヶ月を1サイクルとしています。その3ヶ月の間に、6回のNK細胞の投与が行なわれます。副作用は基本的にありませんが、38℃以下の微熱が出る人もいます。費用は1回の投与について、約20万円です。1サイクルで6回ですので、1サイクルで120万円程です。

入院医療時代のガン治療

ガン治療といえば、手術、放射線治療、抗がん剤治療が主です。これらの治療は広く行なわれていますが、体への負担が大きく、副作用が起きる場合もあります。そのため、ガンになると、副作用のため職場を離れることもあるのです。NK細胞療法は、新しいガンの治療法です。NKとは、ナチュラルキラー細胞のことです。ナチュラルキラー細胞は、人間の体にある免疫細胞ですが、老化によって減っていきます。そのため、老化するとガンになりやすくなるのです。NK細胞療法は、このNK細胞による免疫システムを上手く活用して、ガンの治療をするのです。NK細胞療法は、人間にもともと備わっている、免疫システムを使った治療法です。ですので、体への負担も比較的軽く、副作用も基本的にありません。通院が主体の医療へとなった現在において、体への負担が少ない画期的な医療といえるでしょう。

Copyright© 2016 ヘルニアの治療は信頼できる病院で|注目を集めるブロック療法 All Rights Reserved.